富士通株式会社|採用特設サイト|募集職種

Japan

募集職種 Role

財務経理領域のDXプロジェクトを管理会計の側面から推進、及びデータ統合、利活用の企画・導入・運用

職務内容
Job description

富士通の全社DXプロジェクトとして2020年10月に立ち上げられた「フジトラ(Fujitsu Transformation)」において、データドリブン経営の実現に向けOne ERPプロジェクトが実施されます。財務経理領域においてもデータドリブン経営を実現するため、データの利活用により富士通のDXを管理会計の側面からも強力に推進していきます。
配属先は、専門性や希望を踏まえて、本社の経理部門、ビジネスマネジメント本部 ビジネスファイナンス部門、データアナリティクスセンターのいずれかとなり、下記の業務を遂行頂きます

(業務詳細)
① フジトラと連携した部門DX全般への参画
② Palantirプロジェクト(グローバルデータ統合分析プロジェクト)への参画
   仮説構築、オペレーショナルな分析の自動化、ダッシュボード化による意思決定、未来予測モデルの確立
   デザイン思考/アジャイルのフレームワークを基にスピード感を持ったデータ活用シナリオ構築を推進
③ データ統合、BI活用、ダッシュボード構築業務、データドリブン変革のロールモデル構築
④ 経理組織強化(FP&A)へ向けた企画・推進

個人に期待する役割やミッション
Roles and responsibilities

「フジトラ」における財務/経理領域のプロジェクト推進、Palantirデータ統合プロジェクトをリードいただきます。
具体的には、販売管理、データ統合、利活用プロジェクトへの強いコミットメントを以て国内外の関係部門を巻き込み、プロジェクトを実現いただくことを期待します。仕事の中心は、データ利活用となります。オペレーショナルな分析の自動化、ダッシュボード化による意思決定強化、未来予測モデルの確立など、経営目標達成に向けて、結果数値を正確かつスピーディーに経営層に報告するのはもちろん、事業計画策定や確実な実行をリードする重要な役割が期待されます。

々刻々と変化する事業環境下で事業計画達成を阻害する要因を早期に発見・分析し、経営層に経理の専門家として提言する重要な役割も担っています。本社の決算分析チームへの配属となりますが、必要に応じて事業部門のファイナンス部門及びData Analytics Centerという専門組織(全社データドリブンCoE)の一員として業務にあたる可能性があります。
業務プロセス改革においては、徹底的な現場中心で考え、理想論だけでなく、現場に入り込んで、泥臭く、一緒に働ける人材を求めます。

必須のキャリア、スキル、資格など
Basic qualifications

以下いずれか2項目以上の経験必須
・ 経営あるいは会計領域でのコンサルティング経験
・ 会計システム導入及び業務改善プロジェクトへの参画を経験
・ 大規模なデータ活用のプロジェクト等の実務を経験していること
・ 英語力※TOEIC(R)テスト800点以上

歓迎するキャリア、スキル、資格など
Preferred qualifications

以下いずれかの経験がある方を歓迎
・ 経営管理領域での実務経験年数5年以上
・ データ利活用ツールの活用経験(Palantir, Tableau, BIツール等)
・ 海外での管理会計領域での実務経験

語学力
Language requirements

英語:ビジネス会話レベル

勤務地
Location

本社・汐留シティセンター
Work Life Shift推進のため、リモートワークが中心